Personal tools
You are here: Home Adventure アドベンチャーゲーム史(日本語) アドベンチャーゲーム史(国内編)
« November 2019 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
 

アドベンチャーゲーム史(国内編)

by ktj last modified 2008-02-23 17:07

1.ミステリーハウスの登場

日本のパソコン史、というのはおそらく1970年代後半に登場したNECのマイコンキット『TK-80』から始まるのだろう。機能は決して高くはなかったが、このキットでプログラミングを覚えた少年たちが後に8ビットパソコン黄金期を支えることになる。その後、1979年にNECのPC-8001、シャープのMZ-80が登場し、『パソコンという趣味』が確立されていった。

この時代はまだ、作り手もアマチュアであり、プログラムリストを雑誌に投稿し、そしてプレイヤーたちはそれを打ち込んでゲームをプレイするというスタイルが主体だった。その後、こういったソフトのいくつかがパッケージ化されてショップ店頭に置かれるようになり、徐々にではあるがパソコンゲームの市場が出来上がりつつあった。

そうした流れの中で1982年に登場したのが、マイクロキャビンの『ミステリーハウス』である。「鍵と金庫のダイヤル番号の書いてあるメモを探し、屋敷のどこかにある金庫から財宝を盗む」というシンプルなゲームではあったが、本格的なゲームがまだほとんどなかったこともあって大ヒットし、翌年には続編『ミステリーハウス2 名探偵登場』まで発表されている。

ゲームがショップ店頭に
この時急成長したのがソフトバンク。当時のソフトバンクの雑誌には「代理店募集」の広告が大々的にうたれていた。

2. 第一次パソコンブーム

1982年10月の富士通FM-7に始まる、低価格(定価12万程度)・カラー(640x200ドット8色)・シンセ機能(モノラルPSG3チャンネル)のパソコン発売ラッシュは一大パソコンブームを作り上げた。そして、急速に増えたユーザーの需要を満たすために数多くのゲームが登場した。特に、アドベンチャーゲームは当時標準的だったBASIC言語で容易に開発することができたので、この時期数多くのアドベンチャーゲームが登場している。

T&Eソフトの『惑星メフィウス』はゴルフゲーム『3Dゴルフシミュレーション』と共に同社の看板ソフトとなり、またスペースSF路線は以降同社のお家芸となっていく。またかなり難易度は高く後半の『ID探し』に苦しめられたプレイヤーも多かった。

また、ハドソンソフトの『デゼニランド』はおそらく業界で初めて「タイルペイント」を採用したゲームだろう。中間色を多用したグラフィックは当時としては壮観だった。また、東京ディズニーランドをパロったシナリオはギャグ満載で、「サラダの国のトマト姫」「デゼニワールド」と続くハドソンのナンセンスコメディ路線を決定づけた。

元祖『和製アドベンチャーメーカー』マイクロキャビンは『ドリームランド』を登場させた。ファンタジックな夢の世界からの脱出、という内容で後年名作『はーりぃふぉっくす』を生んだファンタジー路線の下地はこの頃に出来上がったと言えるだろう。

アダルトアドベンチャーゲームは既にこの時点で登場している。ジャストの『天使たちの午後』はその代表作であるが、女性人工知能『エミー』も心情的に「アダルト」に分類したい(苦笑)。

そして、エニックス堀井雄二の「ポートピア連続殺人事件」を忘れてはならない。当時エニックスは『ゲームホビープログラムコンテスト』を開いており、「ラブマッチテニス」でこのコンテストに受賞したのが堀井雄二だった。なお、後に「ドラゴンクエスト」でコンビを組むことになる中村光一も「ドアドア」でコンテストに入賞している。その堀井雄二の第2作目が「ポートピア連続殺人事件」である。本格的推理アドベンチャーであった当作品は当時のプレイヤーたちに一様に驚きを与え、その後堀井雄二はスターゲームデザイナーの道を歩んでいくのである。

もう一つ忘れてならないのがスタークラフトである。同社はアメリカで大ヒットしたSierra On-Line社のApple][用アドベンチャーの数々を精力的に移植したメーカーである。当時は1ドル240円の円安時代であり、Apple][は日本人には高価なおもちゃだった。いくら雑誌で話題になっていても決して味わえなかった「アメリカの香り」を提供した同社の功績は極めて高い。

PSG
Programable Sound Generatorの略。矩形波やノコギリ波といった簡単な波形を加工して音色を作りだしていくタイプの音源。いわゆる「ピコピコ音」ではあるが、末期に登場した「イース」(日本ファルコムFM-7,MSX版)ではかなり本物っぽい音を出せるようになった。
パソコン発売ラッシュ
FM-7、PC-8001mk2(NEC)、MZ-2200(シャープ)、X1(シャープ)、パソピア7(東芝)、ベーシックマスターLevel3Mk5(日立)、MULTI8(三菱)など
3Dゴルフシミュレーション
後のヒット作「遥かなるオーガスタ」の原型となったゴルフゲーム。3Dポリゴンで書かれたゴルフコースは当時としては斬新だった(8色しか表示できなかったので毒々しいゴルフコースではあったが)。
T&EソフトのスペースSF路線
『惑星メフィウス』の続編『暗黒星雲』『テラ4001』、『サイオブレード』、シミュレーションの『ディーバ』など。
惑星メフィウスのID探し
同ゲーム後半の山場。数十画面にも及ぶ砂漠の中に隠された数個のID(文字カード)を探すというクエスト。IDはグラフィックカーソルを隠された場所に当ててリターン(Enter)キーを押すまで見えないので、プレイヤーは絶望的なまでに広い画面上を絨毯爆撃するほかなかった。対策として「サランラップに1cm角の枡目を書いてモニターに張る」というテクニックが広く用いられていた。
タイルペイント
当時の8色しか表示できなかったパソコン上で中間色を作る技術。例えば「薄い肌色」を表現する時は「黄色・白・黄色・白....」と点をタイル状に並べ、パッと見肌色っぽく見せていた。
ジャスト
「一太郎」を作った会社とは別の会社です、念のため。
中村光一
氏は現在では「トルネコ」などのRPGのプロデューサーとして著名であるが、筆者のもつ氏のイメージは「クールなハッカー」である。当時(1984年頃)日曜の午前中に「パソコンサンデー」(TV東京系)という番組があり(ちなみにスポンサーはシャープ)、当時学生だった氏も何度かこの番組に出演している。特に印象に残っているのは、「ドアドア」のプログラムリスト(それもアセンブラ!)を表示させて、「ここの所をですね、こうやって変えるとですね、(ここでプログラムを実行)こうなるんですよぉ」と即興でゲームの改造を行って見せたことだ。今思うとそんなにすごいことでも無いような気もするが、当時は子供心に驚嘆したものである。
ドアドア
アクションパズル。主人公「チュンくん」を操作して、3種類の敵をドアの中に閉じ込めるというもの。
スタークラフト
1996〜1997年頃倒産。SierraのアドベンチャーだけでなくRPG『ウルティマ』『ファンタジー』『マイト&マジック』の移植、オリジナルRPG『上海』『九龍島』『闘氣王』など当時のスタークラフトを懐かしむ声は多い。

3. 加速するグラフィック描画競争

『ミステリーハウス』登場以降プレイヤーたちの「もっときれいなグラフィックを!」という欲求は日に日に高まっていった。その欲求に応えたのがエニックスだった。コンテスト入賞作品の『ザース』そして同じ作者による『地球戦士ライーザ』そして少年ジャンプの人気連載漫画だった『ウイングマン』、『ジーザス』『ミスティブルー』などのアニメ調のグラフィックのゲームを次々に発売していった。

また、描画時間の高速化も重要な要求項目だった。当時、グラフィックの描画はまだシンプルなものだった。すなわち、まず線を引っ張って多角形を書き、その後でペイント機能で塗りつぶす、要するにペイントツールで人間が絵を描く過程をパソコンがやっているようなものである。当然描画時間は10数秒から数10秒もの長さにおよび、そして画像が複雑化するにしたがってますます描画時間が長くなる傾向にあった。

もちろんソフトハウス側もこの流れを黙ってみていたわけではない。アルゴリズムの改善により少しでも早く線を引いたり塗りつぶしたりといった努力は続けられていた。しかし、画像の高速化・複雑化への要求はますます高まっていった。そして、ようやくフロッピーディスクが普及しはじめ、フロッピーベースのゲームが商売になりつつあり、「より高速な描画」が出現する下地が整ったと言える。

そして、1984年には今までの手法とは一線を画す描画方法、すなわち瞬間描画を用いたアドベンチャーゲームが登場する。その嚆矢となったのは、筆者の記憶に間違いがなければシステムソフトの「ミコとアケミのジャングルアドベンチャー」であり、また日本ファルコムの「デーモンズリング」もその後すぐに発売されている。

この動きのさらなる延長としてアニメーションアドベンチャーが登場する。当時、アニメのキャラクター(スタジオぴえろのアニメが多かったような....)の画像を目パチ口パクでアニメさせることがアマチュアプログラマーの間で流行っており、アニメーションアドベンチャーが登場するのは時間の問題だった。

そして登場するのがスクウェアの「ウィル」だった。スクウェアのデビュー2作目となる同ゲームは、「ヒロイン アイシャの目覚め」のシーンを始めとするアニメーション技術と当時最高水準のグラフィックで多数のプレイヤーを虜にした。「技術のスクウェア」の評価ははこのゲームによって確立したといっていい。以降スクウェアは「アルファ」「ブラスティー(これはシミュレーションゲームだが)」そしてファミコンディスク版の「クレオパトラの魔宝」とアニメーションを全面に打ち出したゲームを作り続けるのである。

フロッピーディスクの普及
1983年頃はまだ記憶媒体はカセットテープが主流であり、ユーザーは長い時には10分以上にも及ぶプログラムのロードを辛抱強く待ち続けていた。当時既に5インチフロッピーディスクは登場していたが、2ドライブで10万円以上、またディスクも1枚1000円以上していた時代であり、10代の少年が手を出せるものではなかった。ちなみに当時は現在のデスクトップPC並にバカでかい横置きのドライブもあった。この流れが変わるのはNECがフロッピー内蔵パソコン「PC-8801mk2」を投入し、大ヒットさせた頃からである。なお、余談だがPC-9801用の8インチフロッピーベースのゲームが流通していた時期もあり、異様にデカいケースにビビったものだ。
目パチ口パク
アニメ調の画像(主に顔のアップ)の内、目や口などの可動部分だけを連続的に書き換え、擬似的にアニメーションさせる技術の通称。
スクウェアのデビュー2作。
ちなみに第一作は(今のスクウェアからは想像できないが)ハードボイルドアドベンチャー『デス・トラップ』。主人公があっさり死に、難易度は結構高かったらしい。『ウィル』は一応『デス・トラップ』の続編という位置づけだが、ヒロインはアンドロイドだわ、ゾイドみたいなロボットは出てくるわでいきなりSFになってしまった。
スクウェアの評価
技術だけでなく、パッケージもかっこよかった。後の『ファイナルファンタジー』シリーズと同様、白を基調としたデザインで、さらに他のソフト(当時はB5サイズが普通)よりもひと回り大きく、ショップで独特の存在感を醸しだしていた。
アルファ
スクウェアのPCアドベンチャー第三作にして最終作。美少女主人公クリスのSF活劇(こう書くとなんかチープだな....)。アニメーションにはますますみがきがかかり、また隠しキャラが多いことでも話題になった。
ゲームを作り続ける。
でもなぜかこの当時のことはスクウェアサイトの沿革からは抹消されている(^^;

4. オホーツクの登場、RPGへの逃避、そしてアダルト化と適者生存

80年代半ばまでのアドベンチャーゲームはグラフィックの向上というファクターはあったものの、基本的にはキーボードでコマンドを入力するという方式であり、ゲームを解く=「単語探し」だった。

これに転機をもたらしたのは、堀井雄二である。彼のアドベンチャー第2作「オホーツクに消ゆ」(アスキー)は初のコマンド選択式アドベンチャーであり、プレイヤーたちはようやく「単語探し」の苦痛から開放されたのである。そして、他のメーカーもこの流れに追従し、「コマンド入力式」は姿を消すことになる。

しかし「コマンド選択式」は諸刃の剣でもあった。すなわち、「単語探し」という時間稼ぎが使えなくなってしまったので、プレイ時間が激減してしまった。つまり、「高い金出して買ったのにすぐ終わっちゃった」という現象が多発したのである。プレイヤーを満足させるためにはシナリオの分量を増やさねばならず、次第にアドベンチャーの開発は「割に合わないビジネス」になっていった。これはあくまでも筆者の私見だが、おそらく堀井雄二は『オホーツク』開発時にそのことに気付いていたのではないだろうか。そして次回作であり、氏のアドベンチャー最終作となる『軽井沢誘拐案内』(エニックス)では後半部をまるまる『ウルティマ』風のRPGにしている。そして、以降氏は「経験値/金稼ぎという時間稼ぎのある」RPGの制作に専心するのである。

また、追従した他のメーカーも同様だった。堀井雄二以外にも日本ファルコム「イース」の橋本昌哉、そして「ファイナルファンタジー」のスクウェアなど、そうそうたるメンバーがアドベンチャーゲームのデザイン出身であることが何よりの証拠だろう。

また、キャラクターゲームに移行するソフトハウスもあった。マイクロキャビンの『めぞん一刻』などが代表だろう。しかし、原作のイメージが強過ぎて、原作ファン以外にはあまり評価されなかった感はある。特にポニカ(現・ポニーキャニオン)は親会社が音楽・影像産業ということもあってか『バック・トゥ・ザ・フューチャー』などの映画を題材にしたゲームを出していたがいまいち受けは良くなかったようだ。

そういった流れの中で、80年代後半のPCアドベンチャーの流れはアダルト寄りに傾いていった。アダルトの場合、基本的に『ハダカを見せること』が目的であり、多少シナリオがいい加減でもプレイヤーは満足したからである。さらに絵を描く労力を除けば、基本的に開発が容易であり、その割に売れるので収益を出しやすい、という利点もあった。1988年頃のPC-8801mk2SR用のゲームの80%以上がアダルトだったほどである。

そんな逆風の中、(アダルト以外の)アドベンチャーゲームを作り続けていたメーカーは、そのシナリオ構成能力を強化させていった(裏を返せば、生半可なシナリオではユーザーにそっぽを向かれる時代だったのだ)。『J.B.ハロルドシリーズ』のリバーヒルソフト、『サイオブレード』のT&Eソフト、『スナッチャー』の小島秀夫率いるコナミなどはその代表だろう。

また、「アダルトを作れない」ファミコンにも傑作と言われるアドベンチャーが登場した。任天堂『ファミコン探偵倶楽部』、データイースト『探偵神宮寺三郎』などはその代表だろう。『神宮寺〜』に至ってはプラットホームをプレイステーションに変え、今なお現役である。

初のコマンド選択式アドベンチャー
ひょっとしたらファミコン版の『ポートピア連続殺人事件』のほうが先だったかもしれない。いずれにせよ堀井雄二の作品が「日本初」であることは間違いない。
アドベンチャー最終作
厳密にいうと、その後氏のアドベンチャー第4作『白夜に消えた目撃者』(アスキー)が予定されていたが、開発中止になってしまった。
ウルティマ
パソコンRPGの古典的傑作。『ドラゴンクエスト』を始めとする内外のRPGに多大な影響を与えた。ウルティマのページも参照して頂けると有り難いです。
橋本昌哉
アドベンチャー時代の代表作は『アステカ』『太陽の神殿』。その後アクションRPG『イース』が大ヒット作となる。『ワンダラーズ フロム イース(イースIII)』開発終了後、同じくイースの開発スタッフだった宮崎友好らと共に退社、(株)クインテットを設立。スーパーファミコン用RPG『アクトレイザー』などを手がける。現、(株)クインテット代表取締役。
バック・トゥ・ザ・フューチャー
当時の8色しか出ないパソコンで実写取り込み画像を使ったことで有名。ザラザラした質感が気持ち悪かった。
スナッチャー
『ブレードランナー』風、というよりブレードランナーもどきのSFアドベンチャーゲーム。ちなみにブレードランナー(または『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』)は国内の数々のアドベンチャーにパクられた映画である。『スナッチャー』以外にも『サイオブレード』(T&Eソフト)、『イミテーションシティ』(データウエスト)、あとアダルトで『オランダ妻は電気ウナギの夢を見るか』(なんと光栄)、『イミテーションは愛せない』(グレイト)など。
小島秀夫
筆者は氏のゲームをあまり高く評価していない。だってみんな著名SF映画のモノマネだもん。

5. 16ビット化とCD-ROMの普及

80年代後半から始まった16bit化の流れはゲーム、それも特に静止画を多用するアドベンチャーゲームに大きな影響を与えた。PC-8801mk2SRでは640x200,8色だったのがPC-9801VM/UVでは640x400,4096色中16色、シャープのX68000に至っては512x512,65536色を表示できた。その結果、アドベンチャーゲームの画質は著しく向上した。ガイナックスの『サイレントメビウス』『不思議な海のナディア』、シュールドウェーブの『ノスタルジア1907』、リバーヒルソフトの『D.C. Connection』などは高解像度・多色表示を効果的に使った好例だろう。

また、88年に登場したPCエンジンCD-ROM2(ロムロム)や89年に登場した富士通FM-TOWNSのようなCD-ROM内蔵機種の登場はアドベンチャーゲームにフル動画と音声をもたらした。初めてしゃべったアドベンチャーゲームはおそらくPCエンジン用の『NO・RI・KO』(NEC HE)だろう。もっともこれはアイドルのキャラクターを全面に押し出したゲームであり、「アドベンチャーと言えるか」どうかはかなり微妙なところだろう。。「アドベンチャーらしい」ゲームとなると、ハッキリとはいえないが、データウエストの『D-Again』当たりだろうか。また、ガイナックスも『不思議の海のナディア』をフル音声対応としている。

また、『D-Again』は動画シーンも一部含んでいた。動画自体は『サイオブレード』など、8ビット時代から既に実現されていたが、音声を同期させたものとしてはこれが最初だろう。なお、データウエストは『AYA』でパソコンゲーム史上初のフル動画(音声付き)を実現している。

一方こうした環境の高度化に逆行する動きも見られた。スーパーファミコン版の『弟切草』(チュンソフト)を始めとするサウンドノベルシリーズ(つまり、テキストアドベンチャーだ)、データウエストの『Misty』、またシステムサコムのノベルウェアなどもそれに相当するだろう。

ただ、こういったトピックはあっても全体的にタイトル数は減少気味であり、(シナリオに多大のエネルギーを割かねばならない)アドベンチャーゲームは冬の時代を迎えていたといっていいだろう。ただ、その分残ったメーカーの力量は高かったといえる。

8色
スペック上は512色中8色だがほとんどのゲームはデジタル8色(黒、青、赤、マゼンダ、緑、シアン、黄色、白)だった。
X68000の画像表示能力
他には768x512,256色など。
NO・RI・KO
アイドル歌手小川範子のゲーム。それ以外のことは知りません(苦笑)
D-Again
SFアニメアドベンチャー『第4のユニット』シリーズ第5作。このシリーズ、作品ごとに絵柄が変わるので、「このゲームは新人Gデザイナーの研修用では?」と一時しきりに噂されていた。
ガイナックスのフル音声ゲーム
いずれもFM-TOWNS版。スピーチは全てCDオーディオなので(TOWNSはPCM音源内蔵なのに!)、ほとんど静止画であるにもかかわらずディスク枚数が増大した。
AYA
人間の『心』に直接もぐり込むサイキック能力を持った探偵、降矢木和哉を主人公とするアドベンチャー『サイキックディテクティブシリーズ』の第三作。
Misty
推理アドベンチャー。Part1はFM-TOWNS専用の普通のアドベンチャーだったが、Part2以降はほとんどテキストアドベンチャーであり、また多くの機種に移植された。
システムサコムのノベルウェア
『闇の血族』『ソフトでハードな物語』『ソフトでハードな物語II』『38万キロの虚空』。画像は一応付いていたが、いたってシンプルなものだった。
冬の時代
例外的に、FM-TOWNSユーザーだけは盛り上がっていた。データウエストが積極的にアドベンチャーをリリースしていたこと、富士通が海外の秀作アドベンチャーを次々と移植していたことが大きい。
残ったメーカー
データウエスト『サイキックディテクティブシリーズ』、リバーヒルソフト『J.B.ハロルドシリーズ』など。どちらも近年Windowsに移植されている。90年以降しつこく(アダルトじゃない)アドベンチャーを作り続けていたのはこの2社とシステムサコムくらいだった。

6. Macintoshのヒットととウインドウズの普及による影響

1990年に登場したMacintosh Classic。この20万円を切ったMacは日本で大ヒットし(確かMac全体で12万台程度。当時「Macは倍々ゲームで出荷台数を増やしている」と言われていた)、Mac用のソフトの本数もじりじりと増えつつあった。また、この年Reactor社の"Spaceship Warlock"が登場し、「アーティスティックなソフトならMacintosh」といわれるようになっていた。

そんな流れの中登場したのがシナジー幾何学の"Alice"だった。後に「国産マルチメディアタイトルの第一人者」と呼ばれるようになる庄野晴彦とイラストレーター金子國義による作品である。基本的にはCyanの"the Manhole"の日本版といった感も無きにしも非ずだったが、金子國義のイラストレーションのセンスの良さは秀逸だったし、そしてこのようなタイトルが出現したこと自体が「新しい時代」を感じさせたのである。

その後庄野晴彦は"L-ZONE"、"GADGET"と次々とヒット作を繰り出し、一躍時代の寵児となっていく。さらにWindows3.1の登場により市場が広がり、またデジタルローグをはじめとする他社も後を追ったことで、一大マルチメディアブームが日本に訪れるのである

そして1994年の"Myst"の爆発的なヒット、そして翌年のWindows95の発売による市場規模の増大によって、日本のアドベンチャーゲームはこういった「インタラクティブシネマ」が中心になり、現在に至るのである。

Spaceship Warlock
筆者自身は当時「そんなに面白いゲームか?」と疑っていた。アメリカでの売上は、典型的な「一発屋」状態だったし、Macの日本語版がすぐ出たわりにいつまでたってもウインドウズ版が出なかったし(ウインドウズ版が出たのはWindows95登場以降)。
シナジー幾何学
1998年11月倒産。正直言ってデビュー作の"Alice"を除けば、筆者は同社のソフトを「買おう」という気があまりしなかった。確かに絵はきれいだったけど、雑誌記事をいくら読んでも『エンターテイメントとしての面白さ』が伝わって来なかった。
一大マルチメディアブーム
中には「自称げーじゅつか」さんの独りよがりな作品とか、著名人のネームバリューに頼りきったものも結構あったんですがね。あと一番多かったのはやはり「実写取り込み動画アダルトソフト」でした。
市場規模の増大と「インタラクティブシネマ」
これはあくまでも筆者の私見。たぶん急速にタイトルを揃えるというニーズがあったので「作りやすい」(Macromedia Directorで作るのでプログラマーが不要)インタラクティブシネマに傾倒していったのではないかと。

参考文献

  1. マイクロキャビン ホームページ
  2. エニックス ホームページ
  3. FM TOWNSアプリケーションカタログVol.22 ; (株)富士通
  4. ハイパープレイステーションメガミックス2 アドベンチャースペシャル ; ソニー・マガジンズ
  5. FALCOM BIBLE ; 日本ファルコム(株)編 ; JICC出版
  6. 山下章 ; 『山下章のチャレンジ!ADV』(マイコンBASICマガジン連載); 電波新聞社

Powered by Plone CMS, the Open Source Content Management System

This site conforms to the following standards: