Personal tools
You are here: Home KtJ's Blog 今一度Gentooにトライ
« January 2020 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

今一度Gentooにトライ

by ktj posted at 2005-07-17 14:54 last modified 2017-05-09 21:18

やっぱりFreeBSDのウェブブラウザはちとアレなので、やっぱりLinuxへの移行を検討。

まずはノート(ThinkPad i1124-93J)から。試行錯誤の連続だったが、とりあえずネットワークが動くところまでできた。以下、忘備録代わりのメモ。

インストールに当たり、以下のサイトを参考にした。

Gentoo自身はフロッピーベースのインストーラを持っていないため、他のLinuxのインストーラを借用する。Gentooの公式ハンドブックではarchLinuxを推奨していたが、これだとPC card のNICを認識してくれなかった。いろいろ調べてみたところ、Plamo Linuxで行けそうなのでこれを使うことにした。

Plamoのインストール用フロッピーで起動した後、fidiskでswap(/dev/hda1), /boot(/dev/hda2)、root(/dev/hda3)のパーティションをつくって、以下のように初期化。rootはreiserFSを使ってみた。

# mkswap /dev/hda1
# swapon /dev/hda1
# mke2fs /dev/hda2
# mkreiserfs /dev/hda3

続いて、ネットワークの設定。eth0は自動認識されていたので、以下のコマンドでIPなどを設定。

# ifconfig eth0 xxx.xxx.xxx.xxx
# route add default gw xxx.xxx.xxx.xxx eth0

さらに、DNSの設定。viで/etc/resolv.confを編集。

; /etc/resolv.conf
domain my.domain
nameserver xxx.xxx.xxx.xxx

続いて、作成したパーティションのマウント。

# mkdir /mnt/gentoo
# mount /dev/hda3 /mnt/gentoo
# mkdir /mnt/gentoo/boot
# mount /dev/hda2 /mnt/gentoo/boot
# mount -o bind /proc /mnt/gentoo/proc

Gentooは、まず必要最低限のシステム(stage1)をインストールして、それから実際の運用時に使うシステム(stage2,3)をビルドする。FreeBSDでいうところのmake worldをいきなりインストール時にやってしまうようなものなのかな? んで、stage1のダウンロード。今回は"2005.0"というリビジョンのもの。より新しいバージョンの場合は、そのバージョンに読み替えられたし。あと、bzip2のバイナリもとってくる。そして、stage1を展開。なぜか(bzip2のバージョンの問題?)いくつかのファイル(/usr/include以下のファイルとか)が展開されないが、これは後でもう一回展開し直すことで解決できる。

# cd /mnt/gentoo
# wget http://152.2.210.109/pub/linux/distributions/\
>gentoo/releases/x86/2005.0/stages/x86/stage1-x86-2005.0.tar.bz2
# wget http://www.digistar.com/bzip2/v100/bzip2-100-x86-linux20
# mv bzip2-100-x86-linux20 /bin/bzip2
# chmod a+x /bin/bzip2
# bzip2 -dc stage1-x86-2005.0.tar.bz2 | tar -xvpf -

さらに、resolv.confをコピー。

# cp /etc/resolv.conf /mnt/gentoo/etc/

んで、chroot。gentoo標準のエディタであるnanoは、環境変数TERMの値がvt100でないと動かないので、それも設定。

# chroot /mnt/gentoo /bin/bash
# env-update
# source /etc/profile
# bzip2 -dc stage1-x86-2005.0.tar.bz2 | tar -xvpf -

ここから先は、ハンドブック通りにやっていけばインストール完了。注意する点は、/etc/fstabに記述する/bootのファイルシステムが(ext2ではなく)ext3であるということ。

つづいて無線LAN(Atheros社製チップを使った、I・OデータのPCカード)の設定だが、これは稿を改めて。

Category(s)
BSD and Linux

Powered by Plone CMS, the Open Source Content Management System

This site conforms to the following standards: