Personal tools
You are here: Home KtJ's Blog 【朗報】Xubuntu14.04で何とか親指シフトが使い物になりそう
« December 2018 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Recent comments
Кухни в Нижнем Новгороде Kuhnimix 2018-12-13
dEUTTnyrxjkBofJ Young 2018-12-11
WQNqLGtbRFlIdDqKnhp Micah 2018-12-11
Спальни в Нижнем Новгороде Bedroommix 2018-12-11
VLkesgUJUXQtW Donny 2018-12-09
 

【朗報】Xubuntu14.04で何とか親指シフトが使い物になりそう

by ktj posted at 2014-10-26 09:09 last modified 2018-11-10 17:14

今年の2月に書いた記事では、「Xubuntu13.10の親指シフト、まともに使えねー」という状態だったわけだが。14.04LTSで解消されたかテストしてみた次第。

  • ibus-anthyはとにかく「言語バーがなくなり、現在の入力がかななのか英数なのかあるいは全角英数なのかを画面上に表示することができない」というのが難点だったが、1.5.5になって表示できるようになり多少はマシになった。でも表示位置はキャレットの右下固定っぽい。まだ満足できるレベルじゃない。
  • fcitx-anthyは相変わらず親指シフトのキーマップファイルをちゃんと読んでくれない。

ということでデフォルトの状態では(親指シフトベースでキーマップを入れ替えたい私にとっては)未だ使い物になるとは言いがたい。

だが解決策はあった。よーするにfcitx-anthyを自分でビルドして、デフォルトの親指シフトキーマップを入れ替えてしまえばいい。

デフォルトのキーマップはsrc/default_tables.cppにある。そして、そこを自分の好みにいじった上でビルドして、入れ替えてしまえば良さそうだ。ビルドのやり方は、Ubuntu Weekly Recipeのこの記事が参考になる。

これで何とか12.04LTS→14.04LTSへの移行ができるかな、と期待。

Category(s)
BSD and Linux

Powered by Plone CMS, the Open Source Content Management System

This site conforms to the following standards: