Personal tools
You are here: Home KtJ's Blog イングランドのスタジアム移転とリコーアリーナ問題

イングランドのスタジアム移転とリコーアリーナ問題

by ktj posted at 2014-01-10 13:58 last modified 2018-08-11 11:58

イングランドサッカーリーグ(プレミア及びチャンピオンシップ、2013-14シーズン)の90年代以降のスタジアム移転をまとめてみた。しかし(高層ビル群という分かりやすい中心のあるアメリカと違って)ヨーロッパは都心がどこなのか分かり辛い。

CITY BEFORE AFTER YEAR TYPE
Stoke-on-Trent Victoria Ground Britannia Stadium 1997 郊外住宅地からさらに遠い郊外/▲
Cardiff Cardiff Athletics Stadium Cardiff City Stadium 2009 ほぼ同じ場所(近郊住宅地/工業エリア)/─
Manchester(C) Maine Road Etihad Stadium 2002 ともに近郊住宅地/─
Wigan Springfield Park DW Stadium 1999 近郊住宅地から近郊SCエリア/△
London(Arsenal) Arsenal Stadium Emirates Stadium 2006 ほぼ同じ場所(郊外住宅地)/─
Kingston upon Hull Boothferry Park KC Stadium 2002 近郊住宅地からより近い近郊/△
Leicester Filbert Street King Power Stadium 2002 ほぼ同じ場所(近郊住宅地)/─
Swansea Vetch Field Liberty Stadium 2005 近郊住宅地からやや郊外/▲
Reading Elm Park Madejski Stadium 1998 近郊住宅地からやや郊外/▲
Derby Baseball Ground iPro Stadium 1997 近郊住宅地から近郊SCエリア/─
Bolton Burnden Park Reebok Stadium 1997 近郊から郊外/●
Middlesbrough Ayresome Park Riverside Stadium 1995 近郊住宅地からより近い近郊/△
Sunderland Roker Park Stadium of Light 1997 近郊住宅地からより都心近接/○
Southampton The Dell St Mary's Stadium 2001 近郊住宅地から近郊港湾エリア/─
Brighton Goldstone Ground The AMEX 2011 郊外住宅地からさらに遠い郊外/●
Doncaster Belle Vue Keepmoat Stadium 2006 近郊住宅地から近郊SCエリア/─
Huddersfield Leeds Road John Smith's Stadium 1994 ほぼ同じ場所(近郊住宅地)/─
London(Millwall) The Den New Den 1993 ほぼ同じ場所(郊外住宅地)/─
Yeovil Huish Athletic Ground Huish Park 1990 都心近接から郊外/●

TYPEのうち、「○」は明らかに都心側に移転したといえるもの。△は都心側に移転したとはいえ、元の立地もさして都心から遠くないケース。郊外側に移転したケースには「●」または「▲」を割り当てている。また、移転前後で大差ないもの、隣接する土地に移転したものについては「─」とした。

なお、Cardiffに関してはナショナルスタジアム(開閉式屋根)であるMillenium Stadiumが都心エリアにあることを付記しておく。

都心近接に移転したのはSunderlandくらいか。

あと、複合スタジアムのRicoh Arena(Coventry)は?、と思って調べてみたらCoventryはLeague One(3部)なのか。しかも、英語版Wikipediaによれば今シーズンはCoventryは使用していない模様。何でもスタジアムの契約で揉めているとか。地元紙であるCoventry Telegraphの記事を読んでみるとしよう。

ええと、Coventryは元々プレミアリーグの立ち上げクラブの一つだったが、2001年に2部相当のチャンピオンシップに降格、さらに、2012年に3部相当のLeague Oneに降格して現在2年目。その間、Ricoh Arenaが2005年に完成し、クラブは2007年にヘッジファンドであるSISUに買収された、と。SISUはスタジアムの使用料が高額(年120万ポンド)であり、スタジアムの所有権を求めている。これに対してスタジアムの管理組織であるACLは使用料を40万ポンド、さらには15万ポンドと減額を提案しているが、SISUはあくまでもスタジアムの買収(1400万ポンド、ちなみに建設費は1億1300万ポンドである)を主張し、ついに本拠地を50キロ程離れたNothamptonのSixfields Stadiumに移転してしまった、と。これに対して、Coventry市側では、新スタジアムの建設等を検討しているとのこと。

Ricoh Arenaは、典型的な複合スタジアムだが、あまりうまくいっていない、ということだろうか。


Powered by Plone CMS, the Open Source Content Management System

This site conforms to the following standards: