Personal tools
You are here: Home KtJ's Blog ダン・ミース氏の近況が判明
« January 2020 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

ダン・ミース氏の近況が判明

by ktj posted at 2007-07-19 06:59 last modified 2012-11-15 06:25

7/1付のARCHITECT magazineオンライン版のニュースより

Dan Meis has left his position as president of Nadel Architects to start his own practice, Meis Architects, with a focus on high-end multifamily and mixed-use commercial projects in the United States, Asia, and the Middle East. The new firm has offices in Los Angeles and Colorado.

RCLCo.への移籍 はどうやらお流れとなり、ミース氏は自前の設計事務所 を作ることになったようです。と、いうよりは、ミース氏がNBBJ、Turner-Meis + Associates時代から持っていてたスタジオ(たぶんこれがLAのオフィス)と、Nadelで複合施設を担当していたスタジオ(たぶんコロラドのオフィス)とをNadelから引き抜いて新事務所を設立した、というところでしょう。

Nadelのサイトに「15年間に渡るコンペの結果勝ち取った(つまり、ミース氏自身は関与していない)」として載っているリヤドの複合施設がMeis Architestsにもクレジットされていることから、この複合施設を担当したスタジオが引き抜かれたものと思われます。Nadelでこのプロジェクトの担当となっているのは、広島新球場と同様、Jack Bouvrie氏。と、いうことは、独立したスタジオの実績を(担当者無し、とするのも変なので)とりあえずBouvrie氏のスタジオの管轄下においた、ということでしょう。


Powered by Plone CMS, the Open Source Content Management System

This site conforms to the following standards: