Personal tools
You are here: Home KtJ's Blog 第6回サッカースタジアム検討協議会(2)

第6回サッカースタジアム検討協議会(2)

by ktj posted at 2013-11-24 09:38 last modified 2017-05-09 21:24

第6回サッカースタジアム検討協議会についてエントリを投稿したところ、協議会の傍聴者で協議会の記録をツイートしていたちょっつ★ ‏@chottu_LB氏から感想をいただいたので反応してみる。

ちょっつ★ ‏@chottu_LB at 10:48 AM - 22 Nov 2013 JST

細かい数字のとこはお任せしようかな。ただ、繰り返しになるんですけど「第6回」だけみても意味がないというか。そこでも取り上げられてますが「インフラ整備で対応できるのならそれも可能性に含めるべき」というスタンスで進んでいます。

ちょっつ★ ‏@chottu_LB at 10:50 AM - 22 Nov 2013 JST

なので、旧市民球場跡地担当さんが「都市公園法の公園面積を減少する可能性(正確には代替)」を提示し、中央公園の既存施設の老朽化による配置換えを検討していると話しておいて、既存施設があるからNGという論法はどうなのかとは思う。

あれは法律上の縛りと市の(現時点での)方針を説明しただけで、特におかしいとは思いません。それに、市は「縛りを回避する方法の検討」を禁止しているわけじゃないでしょう(し、そもそもそんな権限もないでしょう)。「縛りがなんなのか」を説明しないと「縛りを回避する方法」も検討しようがないですし。

「インフラ整備として」というのも言い換えれば「必須設備やまちづくりに有効であると市が判断するに値するだけのスタジアム(+周辺設備)の提案」ということであって、そのためには市の方針を理解しておく、というのは検討に当たっての必須要件でしょう(市の方針に従うかはまた別の話。市の方針から外れたとしても、それを市が納得出きるだけの材料を提示すればいいわけです)。

ちょっつ★ ‏@chottu_LB at 10:51 AM - 22 Nov 2013 JST

都市公園の隣接地代替すればOKといっていたけど具体的にどこを想定してるのだろう。それが可能性に含められるならもっと大枠で見るべきなんじゃないかなーと。まぁ、要は説明に一貫性がなかったってことですね。

「旧市民球場跡地の代わりに中央公園に組み込む具体的な隣接地」を検討するのも協議会の仕事ではないかと。そして、検討するために必要な材料も十分に揃っていると思います。つまり、

  • 中央公園の具体的な範囲
  • 中央公園周辺にどんな土地があるのか

から、費用面・想定される反対運動なんかを考慮して適切な案を提案してくださいと。可能性だけなら中央公園周辺のあらゆる土地が対象になるでしょう。極論ですが、エディオンと商工会議所を交換して、さらに商工会議所の土地と市民球場跡地内の同面積程度の土地を交換してもいいわけですから(エディオンが同意さえすれば)。

ちょっつ★ ‏@chottu_LB at 10:59 AM - 22 Nov 2013 JST

ktjdragonさんも最後に指摘しているように掘り下げの可能性は?とかもあるわけで。中央公園自由広場の説明と比較して(説明者が担当じゃなかったのもあるでしょうが)偏った説明だとは感じましたね。

前から書いてますが、芝のメンテが非常に困難なものになるので基本的にグランド掘り下げは反対です。そのコストをクラブが全て負う覚悟があるならいいですけどね。余談ですが、掘り下げOKなら北側広場にスタジアムを作る場合の日照問題も解消できますね。

しかしTwitterベースの議論・意見交換を後で第三者が追っかけるというのは(今回に限ったことではなく一般論として)、togetterでまとめられたとしてもちと厄介。140文字の制約があるのでソースや論理展開をはしょっていきなり結論がでてきたり、身内向けのつぶやきがベースなので暗黙の了解があったりするので、第三者が意図を理解しようとするためには手持ちの知識や検索結果を総動員しないと腑に落ちる解釈が難しい。個人的には、Twitterで何らかの意見を主張して、それをあまねく広めたい・他の人に理解してほしいと思っている方は、togetterでそのまままとめるのもいいけど、つぶやいた後にそのつぶやきを「第三者に向けた議事録」を書くつもりで足りないところを補うよう、ブログなりにまとめてみたらいいと思うんだ。ブログってそういうのに最適なメディアだと思うがなぁ。Twitterと違って流れないし検索性・分類性も悪くない自分や他の人が後で参照する際に有用だし、「これは意図が分かり辛いかな」と思ったら修正したり注釈を加えることも容易だし。


Powered by Plone CMS, the Open Source Content Management System

This site conforms to the following standards: