Personal tools
You are here: Home KtJ's Blog Categories ORIX-Pacific League
« January 2020 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 
Document Actions

ORIX-Pacific League

Up one level

Document Actions

ナゴド→西京極→スカイマーク

by ktj posted at 2007-07-28 17:45 last modified 2008-03-12 06:02

と、いうわけで、木曜から金曜にかけて上記のような観戦ツアーを組んだ訳です。いずれ檻が大阪ドームメインになるということで、神戸の試合が激減するまえに早めに行っておきたかったのと、ナゴヤドームはまだ一度もいったことが無かったので。

まずナゴヤドーム。一番近い駅は地下鉄の「ナゴヤドーム前矢田駅」ですが、JRの最寄りの駅である大曽根駅から一駅しかないため、大曽根から歩いて行きました。しかしJR名古屋駅の案内は不親切過ぎ。案内が階段下の壁に貼ってある紙だけ、てのはどうよ。日本語だけで英語は書いてないし。

大曽根は名古屋駅から6キロ、栄から4キロ程のところですが、三菱電機の工場がある所でどっちかといえば「郊外」エリアでしょう。広島だと、マツダの工場のある宇品が近いかもしれません。大曽根から球場にいくには、まずまっすぐ東に向かって、ついで三菱のある角で南に向かい、最後に歩道橋に上がって東に向かいます。大曽根駅のホームから大体20分弱、仙台−フルキャストスタジアムより若干近いかな、というところです。尤も、仙台は駅前にシャトルバスが、これでもか、ってくらいに運行してますが。

正直いって、「ヤード跡地が遠い」などといっている広島市民は贅沢過ぎます。1キロ弱なんて余裕でしょ。(無論、仙台は千葉ほどでは無くとも、シャトルバスを運用すべきだと思いますが、新球場も。)

ちなみに、ドームの手前にはイオンの巨大なモールがあり、大曽根から行く場合は歩道橋に渡るまでドームが見えません。これは距離以上に球場を遠く感じてしまうような気がします。この点、広島新球場は荒神陸橋を越えれば新球場が見えてくるはずなので、距離ほど遠く感じないとは思いますね。

二階席好きなので、パノラマA(三層目内野側の席)を事前に買っておきました。しかし、席がわかりづらい。チケットには「R51列174番」という席番が書いてあり、これは「横列が51番で縦列が174番」を意味するのですが、場内の案内にはR〜が縦列を意味する番号だったりする。横通路とその後ろの席の段差がほとんどないので、通路をうろうろするわけにはいかないし。もうちょっと分かりやすくしてほしい。

コンコースは二階(入口フロア、一層スタンド下)、三階(一層スタンド後方)、五階(三層目スタンド下)の三個所。グッズ、飲食販売スタンドは二階コンコースに集約で三階コンコースはフードコート、五階コンコースはまばらに飲食スタンドがある程度(私の席からだと事実上一ヶ所しか使えない)。

うーん、「90年代後半にいまさらクッキーカッター」という時点でそもそもアレだけど、通路やコンコースの配置など、全体的に前時代の球場かな、と思いました。上層の席まで座面はねあげ式の座席にしたのはさすが、と言うべきだろうけど。

で、ゲームの方。シーツがサード守っていてびっくりしました。そういや今岡二軍に落ちていたのね。中日も福留いないし。前半は投手戦というより貧打戦という趣でした。ビョンギュのホームランにびっくり、ごめんビョンギュ。そういえば、オーロラビジョンにLG のコマーシャルがやたらと流れていたのですが、ビョンギュの前所属チームのLGツインズとなんか裏取引でもあったのでしょうか。

因みに、新幹線と宿の都合で8時半、そう、8回裏のノーアウト満塁の場面で球場を後にしました。あの後無得点だとは思いもしませんでしたよ。

翌日(27日)は、新聞をみると京都で高校野球の予選をやることが分かったので西京極へ。午前中の平安−京都すばるを見てきました。平日でしたが、父兄、応援団以外にも近所の小中学生や上半身裸でサンオイルを塗っているおっさん、OBっぽい人()など、結構お客さんはいってました。平安はブラスバントうまいな〜。一方京都すばるは木琴と鉄琴を使った応援が印象的でした。

西京極は基本はベンチシート、放送室は一塁スタンド後方と典型的なアマ向け球場という印象。内野スタンドが高すぎて自軍側のブルペン(外野ファウルグラウンドにある)が見えないというのはちょっとマイナスか。

試合は平安が敗退。すばるの応援団、父兄やOBのみなさん大喜びでした。

そして、長岡天神をふらっとうろつき、途中十三で食事をとりつつ、神戸に移動。オリックスも近隣の小学校に招待券配布&花火デーということで、家族連れを中心に結構お客さんが入っていました。もともとプロ用の球場では無かったということで、座席は座面固定式が基本。外野はベンチです。座席はアメリカっぽくフォレストグリーンに統一。でも良くみると一部塗装が剥がれてオリジナルの空色が。二階席は一部を除いて全て自由席(2000円)という状態。しばらく使っていなかったせいか、土埃が座席に溜っていたのは残念。

でも、いい球場ですよ。一層スタンドは傾斜が緩やかで、その分二階席も低くて臨場感がありますし。あとやっぱり内野天然芝はすばらしい。

試合はローズ・ラロッカの3発でオリックスが押し気味にすすめ、そのまま勝利。で、地下鉄で三宮に移動すると・・・え・・ラロッカ? アマンダ夫人もいるじゃん。もう高級取りなんだから車使えよ。

こんな感じの二日間。26日にナゴヤドームで阪神戦を見ていたというマルの素さん にトラックバック。

Re: ナゴド→西京極→スカイマーク

Posted by マル at 2007-08-07 16:49
お久しぶりです!! レポート、楽しく読ませていただきました。
スカイマークスタジアムは私も一度、行ってみたい球場です。
大阪ドームは嫌いです。あんなん、球場じゃないわ。

何度も通っているナゴヤドームですが、なるほど、
普段はなかなか気づかない事ばかりですね。
たしかに、名駅に案内は殆ど無いわ、
JR大曽根駅の案内もそれほど詳しくないし。

で、パノラマからの景観はいかがでしたか?
最近はレフト応援席ばかりですが、パノラマ内野は
全体が見渡せるので好きでたまに座ります。
3塁側だと1~2塁間が正面に見えて、赤星さまを見つめていられます(照)

それにしても、一番痺れる場面を見なかったのですね。
もったいない(笑)

【7/26】歓喜のレフトスタンドより。<【8/6】に追記>

Posted by マルの素 at 2007-12-09 01:29
やっとやっと、思い出しても泣かなくなりました。

今期5球場目

by ktj posted at 2007-08-19 22:07 last modified 2010-06-01 20:42

てなわけで、西武球場改め西武ドーム改めインボイス西武ドーム改めグッドウィルドームに行ってきました。この球場、行くの初めてでした。ついでに今期関東での初観戦です、関東在住なのに。まあ、来週は東京ドーム(都市対抗)を観に行く予定だが。

私は南武線沿線住民なので、府中本町→新秋津(徒歩)秋津→西武球場前、という道のりでした。

以下、球場について気づいたこと。

  • 最寄りの西武球場前駅は西武狭山線の駅。基本的にはこの駅と西所沢駅間(4.2km)を往復しているだけの路線だが、試合があるときは臨時列車が出るので不便では無い。
  • バックスクリーン裏が正面、という球場を初めて見ました。何で右が三塁側で左が一塁側?と最初は戸惑いました。バックネット裏の上客をないがしろにしすぎという感もしないでもない。
  • 椅子席は内野席だけで外野は芝生(人工芝)席と、ちょっぴり付いてるベンチ席。尤も、この球場はポールからさらに20席ほど外野に入った所まで「内野席」である。
  • 内野席のグレードは3段階に分かれている。バックネット裏と、内野指定席(カメラマン席辺りまで)と、内野自由席。
  • 座席(ベンチ除く)は全て座面跳ね上げ式。色は神戸と同様フォレストグリーン。この色は野球場の定番っぽくてかっこいい。東京ドームとかも塗り替えればいいのに。
  • 座席はドリンクホルダー付きなのはいいのだが、全て(一番右側の席を除く)前列の座席の間に付いているのが何とも。この球場は前席に居る人の頭が観戦の邪魔になりにくいように席をずらしているのだが(この点は非常によいこと)、そのため、座席によってはドリンクホルダーが右隣の人の前に来る、ということになってしまっている。
  • 座席は内野自由席の上側をチョイス。春冬は寒く、夏は暑いと聞いていたのだが、風が適度に入ってそれなりに快適。いい時期にいったのだろうか。あえてグランドから遠そうな席を選んだのだが、グランドが良く見渡せ、まずまずといったところ。ただ、人工芝がちと明るすぎるのと、照明の影響でゴロ、フライともみづらい。照明はしょうがないけど、人工芝はもうちょっと濃いめの方がいいと思う。
  • 山の中の球場で、しかも掘り下げ式なためか、蝉の声が大きい。
  • コンコースは、東京ドームや広島新球場と同様、スタンドの外側に設けられている。ただし、外野席と内野席、内野自由席と内野指定席との間に仕切りが設けられているため、チケットの半券を持っていないと往来ができないのが難点か。
  • 他の多くの球場と違い、外側のコンコースから降りて座席に移動する形式、にもかかわらず横通路がある。正直要らないと思うんだけど、売り子さんの都合とかもあるのかな。

で、試合(L-Bs)。今日は「強かった昔のライオンズを偲ぶ」とかで、80年代のビジユニ(通称、ポリバケツブルー。因みに同時期のカープのチームカラーは通称紅しょうがレッドだとか)でプレイ。先発は西武が涌井、檻はユウキ。試合は西武が中島のソロ、細川の二塁打(!)などで着々と加点、一方檻はチャンスは何度か作るものの、ローズがブレーキ。アレンのフェンス直撃のダイビングキャッチで流れが変わるかな、とも思ったのですが。

アレン、大丈夫かなぁ。立ち上がって歩いてベンチに戻った(大西に交替)から大丈夫だと思うけど。立ち上がったアレンに一塁側からも拍手、てのはパリーグらしくていいな。つかセがギスギスしすぎなのだろうが。仙台、神戸もそうだったけど7回にビジターの応援歌も流す、ってのもいい。こーいうことはセもがんがん採り入れようよ。

【失望】NHKBS あなたが選ぶスポーツ名場面100選【した】

by ktj posted at 2008-02-25 22:34 last modified 2012-02-03 21:02

何で神戸製鋼vs三洋電機のイアン・ウィリアムスの激走がはいっていないのか。

日本スポーツ史上に残る名場面だと思うんだが。

あと、平野光泰のバックホームも捨てがたい。

(2/26追記)

リンク忘れてました。つまり、 100選 の中に上記の項目が全然入っていないことに失望したのです。

南海・近鉄・阪急の歌

by ktj posted at 2008-04-29 11:47 last modified 2018-10-18 09:09

Youtubeにアップされている懐かしの曲の数々が素晴らしい。

歌詞は以下の通り。

南海ホークスの歌

  • 作詞:佐伯 孝夫
  • 作曲:佐々木 俊一
グランド照らす太陽の
意気と力をこの胸に
野球に生きて夢多き
南海ホークスさあ行こう
ああ金色(こんじき)の羽ばたきに
そらに鳴る鳴るひるがえる勝利の旗
ホークス ホークス
南海ホークス

出典: Hawks site

近鉄バファローズの歌

  • 作詞: 竹中 郁
  • 作曲: 米山 正夫
  • 編曲: キダ・タロー
飛ぶ雲 飛ぶ声 飛ぶボール 飛ばせ 雲まで ボールよとどけ
バファローズ バファローズ
つのを ひとふり つむじ風 バファローズ

出典: 大阪近鉄バファローズ応援ページ

阪急ブレーブス応援歌

  • 作詞: サトウ・ハチロー
  • 作曲: 藤山一郎
晴れたる青空 われらのブレーブス
もえたつみどりか われらのブレーブス
勝利をめざして きたえし技を
この日もしめさん われらのブレーブス
阪急 阪急 ブレーブス
oh oh 阪急 ブレーブス

出典: 勇者応援歌列伝

【転載】松→中→金→返→せ で福岡好景気!!!

by ktj posted at 2008-05-05 18:16 last modified 2014-03-10 19:12

何気に笑えたのでツボに嵌まったレスを転載。

元スレはこちら→http://ex24.2ch.net/test/read.cgi/base/1209004017/

(2014/3/10追記)

ここの下には上記スレの転載がありましたが、過去ログへのリンクに置き換えています。

パリーグの放送問題

by ktj posted at 2012-01-21 23:47 last modified 2017-01-29 12:29

私はスカパーe2に加入しているのだが、今度うちのマンションがケーブルテレビに移行することになり(地上波アンテナが撤去される)、e2を継続するかケーブルテレビに切り替えるか思案していた次第。で、調べて見たところ、ケーブルテレビ(J:COM)だと、パ・リーグの試合の一部が視聴できなくなる可能性が出てきた。2011年までのパ・リーグのプロ野球中継は大体こうなっていた。

  • ソフトバンク: J SPORTS 3 (J SPORTS ESPNから改称)
  • 西武: J SPORTS 4 (J SPORTS Plusから改称)
  • 楽天: スカイ・A_ (朝日放送系)
  • 日本ハム: GAORA (毎日放送系)

ロッテ、オリックスは通常はJ SPORTSの空いたチャンネルに回される。J SPORTSがすべて埋まっている(J SPORTS 1は広島、J SPORTS 2は中日メイン)時は、GAORAやスカイ・Aに回される場合も。

で、2012年。まずソフトバンク戦が日テレプラスに完全移行。また、西武戦は朝日ニュースターに完全移行。1/21時点ではJ:COMの標準チャンネルには日テレプラスとJ SPORTS4は入っていない。J SPORTS4はオプション(1300円/月)で、日テレプラスはオプションでも選択不可。

このチャンネル変更の背景だが、2chではスカパーe2のJ SPORTSがBSに移行したことによるものではないか、と推定している人がいた。

109 : てってーてき名無しさん : 2011/12/29(木) 11:29:46.70 ID:??? [79/127回発言]
たしか、ソフトバンク系子会社が持ってるパの権利は
日ハムを除く5球団の「CS放映権」「CATV送信権」
パ6球団の「インターネット配信権」
で「BS放映権」は持ってなかったと思う。
そうなると、Jスポーツ側からすれば、パ球団の場合は
TVバンクと球団両方から権利を取らないといけないわけで
「BSでも有料放送だからCS扱いにしてよ」的な交渉ができず
コスト増になったのではないか。あくまで推測だが・・・

(スカパー板「プロ野球セット・MLBライブ Part9」スレより)

この推定が正しければ、ロッテ、オリックスもJ SPORTSから撤退となり、BS11TwellVでカバーされるロッテ戦はともかく、オリックス戦は中継されなくなる可能性があるわけか。さてどうなることやら。

(1/29追記)

J SPORTSによれば、楽天の放映権がスカイ・AからJ SPORTSに移動。ロッテ、オリックスは継続。広島、中日、ロッテ、オリックス、楽天のうち4球団がすべて本拠地ゲームかつ同一時間帯の場合、J SPORTS4まで使う可能性がでる(=J:COMの標準セットでは見られなくなる可能性がある)。NPBによればこの様な日程は下記の通り。ただし、一部試合(特に巨人戦)は地上キー局傘下のBSデジタルで中継される代わりにJ SPORTSでは中継されず、重複が解消される可能性もある。

  • 4/17~19 (広島、中日、ロッテ、オリックス)
  • 4/28~30 (5チーム重複)
  • 5/8~10 (中日、楽天、ロッテ、オリックス)
  • 7/27 (5チーム重複)
  • 7/28 (14:00開始2チーム、15:00開始1チーム、18時開始2チーム。デーゲームの試合時間によっては重複)
  • 7/29 (13:00開始、14:00開始、15:00開始それぞれ1チーム、17:00開始2チーム。14:00開始のチーム(中日)が3時間以内で試合を終えない限り重複)
  • 8/14~16 (広島、中日、楽天、オリックス)
  • 8/24 (5チーム重複)
  • 8/25 (中日を除く4チームがナイターで重複。中日は14:00開始なので試合時間によっては5チーム重複)
  • 8/26 (13:00開始、14:00開始、18:00開始がそれぞれ1チーム。17:00開始が2チーム。デーゲームの試合時間によっては4または5チームの重複)
  • 9/7~9 (広島、中日、楽天、オリックス)

尤も、J:COMはJ SPORTSにとって株式の80%を保有する親会社であるから、J:COMでの視聴性に配慮してなるべくJ SPORTS4ではプロ野球は放映せず、アクティブベースボール扱いにしてGAORAやスカイ・Aに回す、という手を使う可能性もある。また、J:COMは今年3月から日テレプラスを標準セットに追加するとのこと。と、いうことで、スカパーe2からJ:COMに移行するに当たって残された問題は、

  • J SPORTS4でのプロ野球中継はどうなるのか
  • J SPORTS4でプロ野球中継がある場合、J:COMでの無料放送などの手段がとられる可能性はあるのか(J:COMは現に、2011年は交流戦の西武戦に限り、J SPORTS4を無料開放している)

ということになる。とりあえず、乗り換えるにしてもJ SPORTSやJ:COMのアナウンスを待ってから、というのが正解か。

(2/18追記)

あ、3時間半ルールのこと忘れてた。5カード中3試合デーゲーム、2試合ナイターとかでも、デーゲームの3試合中2試合がナイターの試合開始より3時間半以上前なら問題ないんだな。他にも色々状況が変わったんで、新しいエントリの方をご参照ください

スカパーe2 vs J:COM for プロ野球 (2012/2/17版)

by ktj posted at 2012-02-18 11:47 last modified 2016-12-23 08:04

一月二十一日の時より進展があったのでもう一度まとめてみる。

  • J Sportsは広島、中日、ロッテ、オリックス、楽天の5球団のホームゲーム中心
  • ソフトバンク戦は今季より日テレ+に
  • 西武戦は今季より朝日ニュースターに
  • 巨人戦はG+、阪神戦はGAORAとスカイA+で半々ずつ放映、日ハム戦はGAORA、ヤクルト戦はフジテレビONE(稀にTWO)、横浜戦はTBSニュースバード(稀にTBSチャンネル)、というのは現在と同じ
  • (New)BS11でのプロ野球中継は無し
  • (New)TwellV(BS)でのプロ野球中継はまだアナウンスされていない。アナウンスされるのは例年だと3月。でもTwellVのサイトにマリーンズのバナーあるんでやるような気もする。
  • (New)総務省からの発表によれば、GAORA、朝日ニュースター、スカイA+、TBSチャンネルのe2でのHD化の申請通る。たぶん今年の秋頃から
  • (New)e2のプロ野球セットからJ Sports4が削除される予定。つまり今季はJ Sports4でのプロ野球中継は基本なしと予想。広島、中日、ロッテ、オリックス、楽天の中の4球団以上がかぶって、なおかつGAORAもスカイA+も開いていないときはどうなるのだろう。

続きは後ほど

続き

Wikipediaによれば 、2012シーズンはアクティブ!ベースボールによるパ・リーグ生中継の融通は行われないとのこと。また、J Sportsのアナウンスによれば、 パ・リーグ3球団の試合は交流戦含めてすべて中継(生か録画かは問わず)、中日は巨人戦12試合を除く60試合、広島は巨人戦10試合を除く62試合[1]。つまり、中日、広島の巨人戦はほぼBS(稀に地上波)となる。したがって、J Sportsで中継する5球団中4球団のホームゲームがあったとしても、その中に巨人戦があればJ Sportsで生中継可能。これを踏まえて、パ・リーグのJ Sports中継が録画(あるいはJ Sports4)になるであろう日は下記の通り。

  • 4/28~30: 5カードがデーゲームで競合、しかも残り1カードはG-T戦(ナイター)なので2カード録画。ただしロッテ戦はTwellVで生中継される可能性あり。
  • 5/8~10: 中日、楽天、ロッテ、オリックス戦がナイターで競合。巨人はホームゲーム。ロッテ戦→録画&TwellV生中継なら問題無し。
  • 7/27: 5カード競合、ただし広島が巨人戦なので、ロッテ戦→録画&TwellV生中継なら問題無し。
  • 8/24: 5カードがナイターで競合、しかも残り1カードは横浜-巨人なので2カード録画。ただしロッテ戦はTwellVで生中継される可能性あり。
  • 8/25: 中日戦を除く4カードがナイターで重複。ただしロッテ戦がTwellVで生中継されるならば問題無し。
  • 8/26: オリックスが13時、中日が14時、楽天とロッテが17時、広島が18時開始。中日戦の後に楽天戦かロッテ戦を放送する場合、頭30分以内が中継されないかも。でもロッテ戦をTwellVでやるなら問題ないか。
  • 9/7~9: 広島、中日、楽天、オリックスが競合、しかも巨人はヤクルト戦なので確実に1カード録画。

ロッテ戦を(少なくとも競合のある日は)確実にTwellVで放送する、という条件が成立するならば、問題となるのは4/28~30、8/24、9/7~9の7日。土日祝日はうち5日。e2ならスカチャンでカバーされる可能性があるが、ケーブルではカバーされないのでは無いだろうか。と、いうことで、特に楽天、オリックス戦を重視するならe2の方が良さそう。

次に画像品質の比較。

  e2 J:COM
J Sports 1 HD HD
J Sports 2 HD HD
J Sports 3 HD HD
GAORA SD(1) HD
Sky A+ SD(1) HD
朝日ニュースター SD(1) SD(2)
G+ HD HD
日テレプラス SD SD(2)
ニュースバード SD HD
TBSチャンネル SD(1) HD
フジテレビONE SD HD
フジテレビTWO SD HD

SD(1)は、おそらく秋からHD化。SD(2)は秋からHD化の可能性あり。全般的にJ:COMの方がHD率が高い。ただし、パリーグメインならば、秋からはホークス戦以外はHD化されるはずなので月額料金の差(e2→3610円、J:COM→5229円。共に税込み)やスカチャンで生中継がカバーされる可能性も含めてe2を選択するというのもあり。

まとめるとこんなところ。

  • J:COMではTwellVの再送信はやっていないので、J:COMを選んだとしてもBSアンテナは入れるべき。(BS再送信はトランスコーディングで若干画質が落ちるかもしれないし)
  • 「野球しか見ないのなら」安いのは間違いなくe2。ただし野球以外のチャンネルも見るなら話は別。見たいチャンネルが3~4局以上あるならJ:COMの方が得
  • J:COMだとパリーグの数試合は生で見れない可能性あり。e2なら多分スカチャンでカバーされるはず。
  • HD化されているチャンネル数は圧倒的にJ:COM。特に、ヤクルト、横浜戦はe2では当面e2でのHD化は無い。逆に、朝日ニュースターはe2のみHD化の可能性あり。
  • パラボラアンテナを2つ用意するならスカパー!HDというのもあり(プロ野球セットで4210円)。ただし、2ch情報ではあるが、HD同士ならe2の方が画質がいいという話も。

結論。

  • e2は料金が一番安い半面、SD局が多いのが難点。特にヤクルト、横浜、ソフトバンク戦。
  • J:COMはほぼHD(現在SDの局もいずれHDになるはず)だが高い。ただし野球以外の局を3局以上みるなら一番お得。ファミリー層向け。
  • パラボラアンテナ2つでよいならスカパーHDも検討すべき。ほぼHD(現在SDの日テレプラスと朝日ニュースターも秋にはHD化されるはず)
[1]J Sportsのアナウンスの内容が変。巨人ビジターの試合数が7試合となっており、計算が合わない。ここでは巨人ビジターの試合数が8であるとして計算した。

例の国税庁通達がJリーグに適用できるかを考えてみる

by ktj posted at 2015-01-07 07:50 last modified 2019-05-22 06:06

togetterのJリーグクラブへの赤字補填がなぜ広告費で可能なのか?一般企業では不可能なはずというまとめを読んで気になったので。

昭和29年8月10に、「職業野球団に対して支出した広告宣伝費等の取扱について」という国税庁通達があって、これをもって「プロ野球の親会社はズルしてる」「いやズルじゃないしJリーグもだぞ」と何年にもわたって論争が続いている。この通達の内容は以下のとおり。

一 親会社が、各事業年度において球団に対して支出した金銭のうち、広告宣伝費の性質を有すると認められる部分の金額は、これを支出した事業年度の損金に算入するものとすること。

ニ 親会社が、球団の当該事業年度において生じた欠損金(野球事業から生じた欠損金に限る。以下同じ。)を補てんするため支出した金銭は、球団の当該事業年度において生じた欠損金を限度として、当分のうち特に弊害のない限り、一の「広告宣伝費の性質を有するもの」として取り扱うものとすること。 右の「球団の当該年度において生じた欠損金」とは、球団が親会社から交付を受けた金銭の額および各事業年度の費用として支出した金額で、税務計算上損金に算入されなかつた金額を益金に算入しないで計算した欠損金をいうものとすること。

三 親会社が、各事業年度において球団に対して支出した金銭を、貸付金等として経理をしている場合においても、当該支出金が二に該当することが明らかなものである場合においては、当該支出をした日を含む事業年度の損金に算入するものとすること。

四 親会社が、この通達の実施の日(昭和29年8月10日)前の各事業年度において、球団に対して支出した金銭を貸付金等として経理しているものについて、じ後の各事業年度においてその一部を償却したときは、球団の当該事業年度において生じた欠損金を限度として、当該償却金額を、その償却をした日を含む事業年度の損金に算入するものとすること。

第一項は多分「プロ野球の球団名は親会社による一種のネーミングライツ」というのを明確にしたものじゃないかな。で、球団を運営するためのコストは広告費扱いにするというのが第二項。これを妥当とするかは評価が分かれるところだけど当時の感覚ならそんなにはおかしくはないとは思う。年100日以上、NHKですら親会社名を連呼してくれるというのはかなり大きな広告効果かと。

しかしこの通達は「(親会社があって且つ)球団名に親会社名が含まれない場合」も該当するのかというのがちと気になる。具体的には、、東京オリオンズ(昭和39年~43年)、ロッテオリオンズ(昭和44年~45年。この頃はまだ大映が親会社)、横浜ベイスターズ(マルハ:平成5年~13年、TBS:平成14年~23年)。昭和29年の洋松ロビンスもかな(松竹ロビンス・大洋ホエールズの対等合併のため親会社なしともいえるし、松竹ロビンスは田村駒+松竹だから最大株主の大洋漁業が親会社になるのかもしれない。球団名が松竹+大洋なので双方を税法上親会社扱いにしてもいいのかもしれない)。

あと独立リーグとかもどうなるのか。BCだと福井ミラクルエレファンツ(福井新聞社)がそうかな。

さて、この通達がJリーグに適用されるかというと、されないと思う。この通達は職業野球団に限定されたものだし。Jリーグのクラブは基本的に親会社名をつけてないからクラブを所有しているだけだと広告効果はない。じゃあ赤字補填を広告費扱いにできないかというと、立正大学による浦和レッズ広報のインタビュー記事によれば、親会社からの広告費扱いの赤字補填があったというし(少なくとも広告費をクラブの赤字に合わせて可変に設定していた、と読める)、川淵三郎初代コミッショナーの著書「虹を掴む」には「ユニフォームの胸に企業名でも 入れば問題ない」という国税庁のコメントが記載されている。

つまり、「クラブの保有自体に十分な広告価値が認められる」場合は赤字補填を広告費扱いにすることが認められるんじゃないかな、と思うわけです。具体的には一番広告価値の高そうなユニフォーム胸に親会社の企業名等が入る場合は例の通達が根拠(適用では無いよ。あくまでも判断基準)となって赤字補填が認められる、と。先のインタビュー記事によれば浦和レッズが赤字補填を受けていたのが2004年までとのことだけど、2005年からそれまで胸にあった三菱自動車の広告を袖に移動させている。また、トヨタがグランパスの広告費について微妙だったとの記事があったけど、グランパスは2000年まではユニフォーム広告は袖(トヨタ)のみだったから、その当時の話だとすると矛盾しない。

あと、この通達が廃止されるとnpbは破綻、みたいな話も聞くけど、今は100%子会社は連結納税できるからnpbの球団親会社は大してダメージ受けないんじゃないかな。100%子会社じゃないところも、平均してちょい黒字になるように固定額の広告費を設定しておけばいいわけだし(日本ハムとかは例の適用を通達せずにわざわざそうしている)。


Powered by Plone CMS, the Open Source Content Management System

This site conforms to the following standards: