Personal tools
You are here: Home KtJ's Blog Categories ORIX-Pacific League
« January 2020 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 
Document Actions

ORIX-Pacific League

Up one level

Document Actions

ロッテ26スタジアム

by ktj posted at 2006-02-08 19:52 last modified 2007-12-09 01:25

ソースはマリーンズ系有名サイトのマリンブルーの風 さんのところ。一次ソースはスポーツ報知

命名権の外部売却に関し、ロッテと千葉市は長期契約を望み、希望額は5年15億円は下らないとみられている。

関係者の話を総合すると、ロッテが命名権を買い取る場合の条件は、1年10億円という。球団は年間29億円の赤字を抱えるため、命名権の買収費用は本社が負担するようだ。

こーいう形でネーミングライツの世界記録更新をしてしまうのもなんだかなー。(ちなみに現時点での世界最高額は多分NFL ニューイングランドペイトリオッツの本拠地、ジレットスタジアムの年間800万ドル)。

年間2億くらいが妥当な線だと思うがな。4年8億位の短期契約でとりあえず契約しておいて、適当な所で値上げすればいい訳だし。

The URL to Trackback this entry is:
http://www.ktjdragon.com/ktj/ktjs-blog/193/tbping

野球中継二題

by ktj posted at 2006-04-01 23:27 last modified 2013-11-07 21:23

今日はデーゲームでオリックス対日ハム(JSPORTS ESPN)、ナイターで中日対広島(JSPORT2)をTV観戦。スカパーって素晴らしい。

まず檻−公。やっぱ内野天然芝はカコイイ! 明るめの土も良し。広島新球場もこの位のコンディションを維持してほしい。試合の方は両先発がグダグダのなか、最後は大久保が打たれて檻敗戦。

  • 去年のアルモンテといい、今年のマシーアスといい、ハムは変わった外人を取ってくる。
  • なんだかんだ言って、清原はパのユニが似合っている。
  • 村松のヘッスラに萌え
  • ベンチでボクシングごっこをするガルシア
  • 2イニング投げる萩原と菊地原

続いてナイターの中日−広島。負けたのは残念だけど、チャンスで前田が凡退したんだからしゃーない。中日センター、藤井の好守もあったし。それよりも、大竹が六回一四球。ブラウンのストライク先行策はよさげ。投手陣がちゃんと試合を作れていることに感動。

実況、中継も中立的でgood。TVAっていうテロップがでてたから愛知ローカルの放送をそのまま流してるのかと思ったら、映像だけテレビ愛知で、番組自体はJSPORTSの製作っぽい。放送時はなんで愛知ローカルなのに野村弘樹が解説?と思ったが。

明日はダグラスの先発か。実況によると、中継ぎも週2イニングを目処に使っていくそうなので、えーと、残っているのは広池、長谷川、佐々岡か大島のどっちか一人、ロマノ、林か。勝ち試合なら長谷川、ロマノかな。彼らが無難に抑えられるようだと、今シーズンは結構期待したくなってしまう。

西宮球場のよさについて

by ktj posted at 2006-04-12 07:15 last modified 2013-11-07 20:56

広島新球場関連でいろいろと他の球場を調べているのだが、改めて実感できるのが西宮球場 (プロ野球倶楽部 さんの西宮球場のパンフレットより)の出来のよさ。スタンド上の出入口が下にあって邪魔かも、という部分はあるものの、座席の配置が絶妙。二階席もちゃんと設計しているし。グランドも、センターは119メートルとやや狭いものの、ラッキーゾーンを取れば両翼は99.1メートルで合格点。開業当初は内外野天然芝だったし。

スカイマークスタジアムも悪い球場じゃないとは思うけど、この球場はあくまでも運動公園型球場で、「年に数試合はプロの試合も出来るアマ用球場」というのが基本コンセプト。なんでやっぱり座席のバランスとかはちと落ちる、と思う(特に内野一階席と外野席のバランスとか、いかにもオマケ感の漂う二階席とか)。

しかし日本の球場、70年以上前に出来た西宮の水準にいまだ達していない、という状態はいかがなものか。広島新球場には頑張ってもらいたいのだが。さすがに広すぎる一塁側二階席の奥行きを数メートル削って(二階席の奥行きは25−6メートルくらいが限界だと思う)、レフトに奥行き30メートル程の外野席を作って、ライトを芝生席にすれば(グランドを公認野球規則どおりに拡張するとライトにまともな座席は作れない。将来の屋根かけをあきらめるなら別だけど)、結構いい球場になると思うんだけどな。

プロ野球:ユニホーム広告

by ktj posted at 2006-09-23 20:52 last modified 2013-11-07 21:13

大体こんな感じ。ロッテの袖の"LOTTE"や西武の袖の"西武"は「チーム名の表記」とみなされるので広告扱いにはならない。(中日の袖は「新聞」が入るので広告)

ユニホーム

日本ハム: ホクレン(右袖)

西武: ナイキ(胸)

ソフトバンク: アパマンショップ(左袖)

ロッテ: なし

オリックス: 近鉄(左袖)

楽天: 楽天カード(左袖)

中日: 中日新聞(左袖)

阪神: なし

ヤクルト: ユニデン(胸)

巨人: アディダス(胸)

広島: マツダ(右肩 野手と右投手は右袖、左投手は左袖)

横浜: TBS(左袖)

ヘルメット

日本ハム: 北海道新聞

西武: ピザーラ

ソフトバンク: サニックス なし

ロッテ: マスターカード

オリックス: 京セラ

楽天: 楽天KC 楽天カード

中日: なし

阪神: 上新電機(Joshin)

ヤクルト: 価格.com

巨人: なし

広島: マツダ(MPV)

横浜: リスト株式会社(いい物件リスト)

なお、ソフトバンク(日本オラクル)と楽天(MJQ WEDDING)はズボンにも広告が入っている。

Re: プロ野球:ユニホーム広告

Posted by KtJ at 2006-09-24 13:45
楽天とソフトバンクのヘルメット広告が間違っていたので修正。

Re: プロ野球:ユニホーム広告

Posted by KtJ at 2006-09-24 17:05
もひとつ修正。試合見てたら河内ユニは左袖に広告が入っていた。広池も同じだった。でも、左投げの嶋は右袖に広告を入れているので、「左投手に限り、左袖」と思われる。

ロッテ、FA初補強へ〜報知新聞より

by ktj posted at 2006-10-19 07:11 last modified 2013-10-20 18:31

ソースはこちら

ロッテのボビー・バレンタイン監督(56)が16日、今オフにフリーエージェント(FA)選手の獲得に乗り出す可能性を示唆した。日本人FA選手の補強が実現すれば、球団初となる。

えーと、マイク仲田の立場は?

死角は無いな、ジャイアンツ

by ktj posted at 2006-11-20 21:42 last modified 2013-02-08 07:23

1 遊 こさっち (ロッテ)

2 中 よしくん (オリックス)

3 三 ガッツ (ハム)

4 一 国民的 (ロッテ)

5 捕 スラガガー (ハム)

6 右 小関 (西武)

7 左 キムタク (ハム)

8 二 古城 (ハム)

代打 漢・大道(交流戦のときはDH)

うむ。完璧だ。

グラボースキー残留かよw

by ktj posted at 2006-12-03 09:49 last modified 2012-02-04 10:50

グラボースキー残留濃厚…2年目の“大化け”期待

オリックス、ジェイソン・グラボースキー内野手(30)の残留が28日、濃厚となった。30日提出締め切りの保留選手名簿に記載され、機谷球団代表は「契約する意思があるということ」と説明した。今季はガルシア、ブランボーに次ぐ第3の外国人野手の位置づけで39試合に出場したが、打率・146、4本塁打と低迷。同代表は「満足できる数字ではない」としたものの、ドジャース時代のコリンズ監督の教え子という点も含め、2年目の大化けを期待した。

[ 2006年11月29日付 紙面記事 ]

ま、二年目に大化け、てのは結構有るので残しても損は無いかも。そう言えばルーズベルトブラウンは今どうしているのだろうか。

調べてみた。去年までホワイトソックス傘下のAAAシャーロット・ナイツにいた模様。そこから先は不明。

G・グローブ賞助演女優賞候補にあの人が

by ktj posted at 2006-12-16 10:44 last modified 2015-12-26 10:25

「バベル」の菊地さん、助演女優賞候補 G・グローブ賞(アサヒコム)

四番DHよしこ じゃねーか。しかしDHなのにゴールデングローブ賞とはこれいかに。


Powered by Plone CMS, the Open Source Content Management System

This site conforms to the following standards: