Personal tools
You are here: Home KtJ's Blog MacOSXから古いMacで使えるCD-Rを作ってみる
« December 2018 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Recent comments
Кухни в Нижнем Новгороде Kuhnimix 2018-12-13
dEUTTnyrxjkBofJ Young 2018-12-11
WQNqLGtbRFlIdDqKnhp Micah 2018-12-11
Спальни в Нижнем Новгороде Bedroommix 2018-12-11
VLkesgUJUXQtW Donny 2018-12-09
 

MacOSXから古いMacで使えるCD-Rを作ってみる

by ktj posted at 2014-07-03 18:58 last modified 2015-07-11 10:55

古いPCを使う上で難点となるのが補修用パーツの確保。特にHDDはSCSIはもちろんのこと、PATAも(古いOSに適した)小容量品の新品を確保することは困難である。

幸いにして、コンパクトフラッシュディスクはまだ余裕で入手可能なので、いつHDDが壊れてもいいように、コンパクトフラッシュ+CF-PATA変換アダプタを今のうちに入手しておくべきだろう。PCの内蔵ディスクアダプタがSATAに置き換わったので、変換アダプタの入手は今後少しずつ難しくなるだろう。(SCSIについても、HDDをコンパクトフラッシュに置き換えるためのアダプタがある_)

てことで、さしあたってHDD容量が230MBと小さいMacintosh LC630についてコンパクトフラッシュ化を試みた次第。

CFへの差し替えについては特に問題なく、MacOS 7.6のインストーラが初期化をやってくれた。問題はその後。どうやらOS7.6.1アップデータをはじめとするソフトがAppleのサイトからダウンロードできなくなってしまったようだ。まあ前回LC630の設定をやった時にダウンロードしておいたから最悪の状態は免れた。しかし、アップデータ等をなんとかしてLC630に持っていく必要がある。

ダウンロードしたソフトはMacBookProから参照できるので、MacBookProでCDRを焼けばいいかな、と思っていた。だが、今使っているOS(OSX 10.9 Marvericks)は古いMacのファイルシステムであるHFS(ちなみに現行のファイルシステムであるHFS+はMac OS 8.1以降から対応)のディスクを標準では焼けないようだ。ファインダからディスクを作るとHFS+になってしまい、Mac OS 7.6では読むことができない。ISO-9660形式なら大丈夫だけど(最初は使えないと思っていた。「Internetスターターキット」を入れてStuffit Expanderをインストールしなきゃだめなんだ)、文字が全部大文字になってちょっとかっこわるい。

てことで、調べてみたところ、 mkisofs を使えばOKということがわかった。具体的には、

  1. cdrtoolsのソースをダウンロード
  2. ソースをtarで解凍してmake(開発環境のインストールが要求される)して、sudo make install(最近はconfigureしなくてもいいんだ)。実行ファイル群は /opt/schily/bin にインストールされる。
  3. ターミナルを起動して、 /opt/schily/bin/mkisofs -hfs -o isoファイル名 CDRに焼くファイルのあるフォルダ を実行
  4. ディスクユーティリティーで作成したisoファイルをCDに焼く
Category(s)
Other Topics

Powered by Plone CMS, the Open Source Content Management System

This site conforms to the following standards: