Personal tools
You are here: Home Ultima ウルティマ全般(日本語) Runic Roman Converter
« September 2019 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
 

Runic Roman Converter

by ktj last modified 2009-04-26 14:31

ルーン文字はウルティマの世界の標準文字で、ゲームをしているとイヤでも読まざるを得ません<(^^; いちいち対応表を見ながら変換するのはうざったいので、こんなプログラムを作ってみました。私の初めてのフリーソフトウェアです。

名称
Runic-Roman Converter
バージョン
0.2a
目的
ウルティマのルーン文字をマウスでクリックすることにより入力し、それをローマ字に変換する。
作者
喜多 次郎(北路/KtJ)
形態
フリーソフトウェア
動作対象
Windows9xおよびWindowsNT4.0
備考
このソフトウェアの著作権は喜多 次郎(北路/KtJ)が保有しております。(万が一)転載される場合は事前に私までEメール願います。

ダウンロード(LHAで圧縮してあります)


インストール方法

まずインストールする前に以下のものを準備します。

  1. 解凍ツール(DOS用のLHAで圧縮されたファイルを解凍できるもの)
  2. ルーン文字のフォント
    (Ultima Web Archiveからダウンロードできます。ウインドウズがインストールされているフォルダの下の"Fonts"フォルダにコピーして下さい)

ダウンロードしたrunic.lzhを適当なフォルダに解凍します。(runicconv.exeが生成されます)

操作方法

エクスプローラー上でrunicconv.exeをダブルクリックし、プログラムを実行します。

ルーン文字のボタンをクリックして下さい。"Runic"の段にルーン文字が、"Roman"の段にローマ字が表示されます。また、Clearボタンをクリックすると、両段の文字がクリアされます。なお、終了させるときは、右上の[x]ボタンをクリックして下さい。

また、メニューバーの[Option]-[Roman Alphabet Font]でローマ字のフォントを、[Option]-[Runic Alphabet Font]でルーン文字のフォントを変更できます。


分かっている不具合

  1. 一番下の左から8つ目のボタン(ローマ字では"ea"に対応します)の文字がおかしい。
  2. そのボタンをクリックすると"ea"の文字だけではなく"a"の文字まで表示される。

《いいわけ》

私はこのプログラムをDelphi3で作りました。で、この"ea"の文字コードは"$e4"、非ASCII文字です。Delphiのオブジェクトインスペクター上では、この文字をキャプションに入れることができません。(する方法があるのかもしれませんが、未熟者の私はその方法を知りません)そこで、苦し紛れに、"ea"の文字だけボタンを横長にして、"$e4"で始まる漢字をキャプションに指定しています。ですから、"ea"の文字の右に見えるゴミは"a"の文字の切れ端です。(^^;

 また、"ea"のボタンを押したときの処理は、

Label4.Caption := Label4.Caption + Chr($e4);

(ルーン文字を表示する領域の名前を"Label4"としています)としているのですが、きっとここがおかしいんだと思います(^^;。Delphiエキスパートの皆様、初心者の私に愛の手を(^^;


更新履歴

1999.5.21

v0.2a。アイコンをDelphiデフォルトからオリジナルのものに変更。それだけ。

1998.9.20

v0.2。

  • スペース入力を出来るようにしました
  • ルーン文字のフォントサイズを変えられるようにしました
  • レイアウトをちょっといじってサイズをひと回り小さくしました

1998.9.19

v0.1。「とりあえず完成」バージョン


Powered by Plone CMS, the Open Source Content Management System

This site conforms to the following standards: